今日は何の日

阪神梅田本店で、毎日をおいしくたのしくお過ごしいただくための食品カレンダーです。
 

今日は何の日のブログは終了いたしました。 長い間ご愛顧ありがとうございました。

なお、最新の「今日は何の日」については、阪神梅田本店のホームページ内、売場インフォメーションに随時掲載しておりますので、よろしくお願いいたします。

阪神梅田本店 ホームページ
http://www.hanshin-dept.jp/hshonten/

10月20日(土) 秋の土用(1)
季節の変わり目の土用は、風邪など体調を崩しやすい時季。元気をくれる鰻を食べて、新しい季節を迎えましょう。

◎うなぎ

阪神だけの鰻弁当&柿の葉ずし
鰻の蒲焼き、八幡巻、肝焼き、う巻がのった、お酒と食べたい鰻弁当です。

うなぎの魚伊
国産鰻づくし丼
(1折) 税込1,365円
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
9月 長寿を願ううまいもん(5)
長寿を願ううまいもん

◎うなぎ

栄養たっぷりの秋の旬魚【鰻】
夏の疲れを吹き飛ばすビタミンAが特に多く、亜鉛、ビタミンD、EPA、DHAも
鰻本来の風味を味わうなら、ぜひ白焼きで。サクッと香ばしく、ふんわりやわらかな味わいです。山椒と一緒に。

魚伊 国内産 鰻の白焼(1尾) 税込2,100円
【8日(土)→17日(月・祝)】
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
7月27日(金) 土用の丑(1)
ここは天下の台所
〜先人の知恵〜 文月の「歳時記魚介」で夏バテを吹き飛ばす

万葉の時代から、夏バテによいとされてきた鰻。土用の丑の日に鰻を食べるようになったのは江戸時代からとされています。
夏の暑さ真っ盛りに「う」の文字を見ると、喉がゴクリと鳴って、鰻を食べたくなるのは、もはや日本人のDNAですね。
さあ、今年もお楽しみの丑の日、鰻づくしとまいりましょうか!

◎鰻(うなぎ)

脂のコクと旨みあふれる鰻
炭火で香ばしく焼き上げた魚伊自慢の蒲焼を特大サイズでご用意しました。

魚伊 国内産
炭火焼きうなぎ蒲焼き 特大
(1尾) 税込3,150円

1杯目はそのまま蒲焼の味を楽しむ鰻丼で、2杯目は薬味のねぎと海苔をかけまぶし丼に、最後は鰹出汁(1袋を180mlのお湯で薄める)をかけて鰻茶漬けでサラサラと。3つの味をお楽しみください。

魚伊 国内産
豪華ひつまぶし弁当
(ねぎ、海苔、出汁付き/約3人前)
税込5,040円<要予約>
【20日(金)→27日(金)】
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
7月5日(木) 穴子の日(1)
ここは天下の台所
〜先人の知恵〜 文月の「歳時記魚介」で夏バテを吹き飛ばす

ビタミンAやカルシウムが豊富で、夏バテによいといわれる穴子。
その栄養素やおいしさを広く知ってもらおうと、穴子が最もおいしいとされる夏場の、「7」と「5」で「あなご」とゴロ合わせ。

◎あなご

穴子の名店のお寿司
堺のあなご専門店が作る、コクと旨みたっぷりの逸品焼き穴子を芯にした特別な太巻きです。

松井泉
焼き穴子の太巻き
(1パック) 税込840円
【3日(火)→5日(木) 特別価格】
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
1月18日(水) 冬土用入り
この日から立春前(2月3日)までの、冬から春へと季節が移り変わる時期・冬土用。体調が崩れやすい季節の変わり目、鰻で力をつけて春を迎えましょう。

◎うなぎ

鰻好きに捧げる新ヴァージョン
鰻の蒲焼き、八幡巻、肝焼き、う巻が揃い踏みで、食べ応え抜群。

うなぎの魚伊
鰻づくし丼
(1折) 税込1,260円
【18日(水)→29日(日) 特別価格】
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
12月 お正月の美味のお支度(7)
阪神食品館 お正月の美味のお支度

【12月26日(月)から31日(土)】
いよいよお正月へのカウントダウン。
おせちに入れたいもう一品

穴子の逸品
関西のおせちの定番、穴子の八幡巻。穴子の旨みと味が染みたごぼうも美味。

松井泉 穴子八幡巻
(1本) 税込735円
◎あなご
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
10月21日(金) 秋の土用(11月7日(月)まで)
土用は季節の変わり目なので、体調が崩れやすい時期。
鰻を食べて元気をつけましょう。

◎うなぎ

おすすめのうなぎ丼
蒲焼き、う巻、肝焼、八幡巻が全部楽しめる丼です。
うなぎの魚伊 うなぎづくし丼(1折) 税込1,260円
【16日(日)→21日(金) 特別価格】
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
9月 言葉遊びのうまいもん(2)
言葉遊びのうまいもん
長月9月は、長い食材を食べて長寿にあやかりましょ。

長〜い魚
長い魚であり、さらに体によいとされる黒い食べ物でもある鰻。まだまだ暑い時節、おおいにいただきましょう。

うなぎの魚伊
国内産 うなぎ蒲焼き
特大サイズ
(1本) 税込2,100円
【1日(木)→15日(木)】
◎うなぎ

穴子は秋に脂がのり、今からが食べ頃です。
松井泉 焼穴子(1尾) 税込1,050円
◎あなご
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
8月2日(火) 土用二の丑(1)
今夏2回目の土用の丑の日「二の丑」。
ますます暑い夏、スタミナたっぷりの鰻を食べて乗り切りましょ。

◎うなぎ

おすすめの鰻弁当
備長炭で焼き上げた活うなぎをたっぷりのせたボリューム弁当です。
大巳 鰻弁当(1パック) 税込998円
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
8月 夏の阪神みやげ(3)
夏の阪神みやげ

◎あなご

大阪みやげ
堺の穴子の名店が丹精込めて焼き上げる穴子は、旨味とコクを堪能していただける逸品です。

松井泉 焼穴子
(1尾) 税込1,260円
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
7月21日(木) 土用の丑(1)
おいしいお祭り&行事食

阪神食品館
土用の丑の日は、“うなぎ屋”のごとし!

「石麻呂に 吾もの申す夏痩せに よしと云ふものぞ鰻(むなぎ)とり召せ」と、万葉集に大伴家持が詠んだように、古来 夏バテによいとされる食べ物の代表格の鰻。
夏の土用に鰻を食べるようになったのは江戸時代。蘭学者の平賀源内が、馴染みの鰻屋に頼まれ、「本日 土用の丑の日」という看板を書いたところ、大当たりしたことからといわれています。

◎うなぎ

まず一杯目はそのままで蒲焼の味を楽しんで。二杯目は薬味のねぎと海苔をかけてひと味違うまぶし丼で。最後は鰹の風味たっぷりのお出汁(1袋を180mlのお湯で薄める)をかけ、鰻茶漬けでサラサラどうぞ。

魚伊 国内産
豪華ひつまぶし弁当
(ねぎ、海苔、お出汁付き/2〜3人前) 税込4,410円
※売場でご予約を承っております。

脂がのって旨味たっぷりの鰻を香ばしく焼き上げた自慢の一品です。

大巳 国内産
活うなぎ蒲焼き
(1尾) 税込1,575円
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
7月5日(火) 穴子の日(1)
ビタミンAやEPA、DHAが豊富で、夏バテにいいとされる長〜い魚の穴子。穴子は夏が最もおいしいとされ、「7」「5」でゴロ合わせ。

◎あなご・うなぎ

穴子がたっぷりのお寿司
堺の穴子の名店が誇る逸品穴子をたっぷりのせ、ごはんにも穴子を混ぜ込んだお弁当を特別価格で。

松井泉 穴子弁当
(1折) 税込998円
【2日(土)→5日(火) 特別価格】
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
6月19日(日) 父の日(1)
「父の日に、コレが食べたいねん!」
阪神食品館おやじバイヤーたちの「父の日は、阪神のコレを食べたい!」を聞き取り調査。毎日 家族のために一生懸命に働くおやじたちの、贈られたい美味をご紹介します。ご参考にいかが。

◎うなぎ

《生鮮担当バイヤー/足立》
「お酒のアテに嬉しい肝焼きや八幡巻、
錦糸玉子も入った鰻丼があったらなあ!」

鰻好きの生鮮バイヤー自らお店に交渉に出向き、作ってもらったという特製丼。香ばしい蒲焼きに、錦糸玉子、肝焼、八幡巻と、鰻のいろんな味を一度に楽しめる、欲張りな一品です。

魚伊 鰻づくし丼
(1個) 税込1,260円
【17日(金)→19日(日)】
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
10月20日(水) 秋の土用(11/6まで)
土用は季節の変わり目なので、体調が崩れやすい時期。鰻を食べて元気をつけましょう。

◎うなぎ

秋土用うなぎ
炭火でパリッと焼き、鰻本来の味が楽しめる白焼きと、秘伝のタレで仕上げた蒲焼きの両方のおいしさが味わえる楽しい贅沢弁当。

うなぎの魚伊
白焼・蒲焼 食べくらべ弁当
(1折) 税込1,470円
【20日(水)から】
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
9月 新ショップ続々登場! 阪神食品館(10)
新ショップ続々登場! 阪神食品館
リニューアルオープンスペシャル

【8月26日(水)→9月9日(水)】

新しくなった阪神食品館では、仲間入りしたNewショップの特別メニューや限定品、お楽しみ袋、お買得品などなど、おいしい企画をあれこれご用意しています!

◎うなぎ売場

うなぎの魚伊 うなぎ蒲焼き(1尾) 税込1,470円<各日限定数100>
【8月26日(水)→9月8日(火)】
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
1月 初春の、おいしい、楽しい、おめでたい。(7)
新春こだわり美味福袋

◎うなぎ売場

通常3,150円の大型うなぎに加え、う巻、だし巻が入ったお得なセット。
[ 新魚栄 ] 福袋(1袋) 税込2,009円
【2日(金)限り】
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
10月20日(月) 秋の土用(1)
夏の土用が有名ですが、本来は全ての季節の最後に土用があり、「秋の土用の明け」は「立冬」(11月7日)の前日。異なる季節の間の土用は、過ぎていく古い季節と、まだ充分に成長していない新しい季節を静かに交代させるといわれています。

◎うなぎ売場

脂がのった新鮮な鰻を炭火焼きし、一尾まるごと入れたボリューム満点なお弁当です。

宮崎県産 [ 新魚栄 ]
炭火焼うなぎ弁当
(1折) 税込1,890円
<各日限定数20>
【18日(土)→20日(月)】

[ いづもや ] うなぎ弁当(1折) 税込2,100円
【18日(土)→20日(月) お買得販売】
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
7月 長い魚の美味「鰻」(1)
古くは万葉集でも、大伴家持が「夏痩せには鰻を・・・」と詠っている鰻は、身体の抵抗力を高めるビタミンAが豊富。土用の丑の日には、脂がのった旨みたっぷりの鰻で元気をつけたいですね。
また、天神祭に欠かせない「鱧」は、関西では特に好まれ食されてきました。この時季の鱧は、「祭り鱧」と呼ばれ、ほどよい脂がなじみんで身の締まりも絶妙。こちらもビタミンAが豊富な、暑気払いに嬉しいお魚です。
鰻と鱧、スタミナたっぷりの長い魚で、夏をおいしく、元気に過ごしましょう。

土用の丑 【24日(木)】
静岡県の焼津水産高校の生徒さんたちが手間ひまかけて、稚魚から育てた焼津の鰻を販売します。天然に近い鰻を目指し、エサにもニンニクを入れるなど、こだわって育てた逸品の味を、ぜひ土用の丑の日に。

◎うなぎ売場

[ 新魚栄 ]
焼津水産高校の鰻の炭火焼
(1尾) 税込1,575〜1,890円
<限定数各日100>
【19日(土)→24日(木)】
焼津水産高校の鰻は、ご予約配送も承ります。

焼津水産高校の鰻の炭火焼
(1尾) 税込2,100円 (2尾) 税込4,200円
<各送料込、タレ・山椒付>
ご予約承り期間 : 1日(火)→21日(月・祝)
お届け日 : 23日(水)・24日(木)

あっさりしたタレが、脂がのった鰻の旨みを引き立てる、鰻の名店自慢のうなぎ弁当です。

[ いづもや ]
うなぎ弁当(1折) 税込1,365〜2,940円
うなぎ蒲焼(1本) 税込2,625円
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
7月30日(月) 土用の丑の日(1)
土用の丑 鰻づくし

万葉集 大伴家持の歌に、
「石麻呂に 吾もの申す夏痩せに よしと云ふものぞ鰻取りめせ」
とあるように、大昔から夏バテには鰻がよいとされてきました。
古くは腹が黄色なので、「胸黄」と呼ばれた鰻は、
京都の宇治川でとれた鰻が質がよいので、
"宇治川産"と"麻呂"を合わせ「宇治丸」とも称したとか。
江戸時代の風俗を記した随筆「守貞謾稿」によると、
京坂では蒲焼に必要な道具全てを担いで、
路上で鰻を裂いて焼く「鰻蒲焼売り」が商いをしていました。
鰻の焼けるなんともいい香りが漂ってきそうですね。
さあ、阪神の「土用の丑の日・鰻づくし」で、
夏をおいしく、元気に過ごしましょ。


| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
7月30日(月) 土用の丑の日(2)
ご家族みんなでもりもり食べていただきたい、豪華なうな重や鰻寿司重をどっさりとご用意。

◎うなぎ売場

愛知県三河産の鰻を使った炭火焼3本をビッグサイズの折に詰めた豪華なうな重。目を見張るボリューム感はもちろん、味も納得の美味しさです。

阪神オリジナル
新魚栄 うな重(1折 4〜5人前)
税込7,875円
<限定数50/要予約>
2〜2.5人前用の大型の折に、
蒲焼2本をご飯が隠れるくらいのせた
ゴージャスなお弁当です。



阪神オリジナル
いづもや ぜいたくうなぎ弁当
(1折 2〜2.5人前)
税込5,250円
<限定数10/要予約>

ご予約承り期間 : 7月20日(金)→27日(金)
お渡し日 : 7月29日(日) ・ 30日(月)
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
8月4日(金) 土用二の丑の日(1)
土用の18日間の中で十二支の「丑」に当たる日は、年によって2回巡ることもあり、今年の「丑の日」は7月23日で、「二の丑」は8月4日となっています。

◎うなぎ売場

白焼き、蒲焼きそれぞれ2つの鰻の香ばしさが楽しめる、「関東VS関西」弁当はボリュームも十分。
大巳 二色弁当(1折)
税込1,050円<限定数30>
【当日限り】
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
7月23日(日) 土用の丑の日(4)
◎うなぎ売場

自慢のたれをまぶしたごはんにぶ厚い鰻をのせました。
大巳 炭火焼うなぎ弁当(1折)
税込1,575円
<各日限定数50
/22日(土)は限定数200
/23日(日)は限定数300>
【常時販売】

国内産活鰻を秘伝のタレを使い、備長炭でじっくり焼き上げました。
いづもや 蒲焼うなぎ弁当(1折)税込1,365円
<22日(土)は限定数200/23日(日)は限定数300>
【22日(土)・23日(日)】
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
7月1日(土) 琵琶湖の日(3)
◎うなぎ売場

大巳 小鮎の甘露煮(5尾) 税込483円
【当日限り】
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP
6月5日(月) 六甲おろしの日(2)
◎うなぎ売場

ジューシーな鰻と玉子焼きを交互に並べた阪神タイガースカラーのお弁当。
大巳 タマゴとうなぎのボリューム弁当(1折) 税込650円〈限定数65〉
【3日(土)→5日(月)】
| 今日は何の日 | うなぎ売場 | 00:00 | - | - | PAGE TOP

CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS